セフレアプリでの大人の関係の彼女

私は、26歳の会社員です。
実は、私、セフレの彼女(24歳)がいます。
彼女とは、出会い系アプリで知り合いました。
彼女との出会いは、お互いに前の恋人との関係に疲れ、当面恋人はいらないけど、エッチはしたいとの思いから、お互いセフレ募集でアプリを利用したのです。
すると、掲示板に『恋人は、当分要らない。』と書かれていた日記を発見し、メールをしたら、返事が来たので、その後、何度かやり取りをしていたら、お互いセフレ希望者を探していることが分かり、それだったら、私たちがセフレになればいいのでは?ということになり、会うことになり、3回目のデートの日に、エッチをし、セフレの関係になったのです。
セフレは、お互いがエッチしたい時に、連絡し、相手がOKだったら、エッチをするだけなので、恋人のような煩わしさがないのがいいです。
先日も、彼女から『エッチしたい。』とメールがあったので、『OK』と返事をして、いつものラブホテル前のコンビニで待っていたら、彼女が来て、歩いて、ラブホテルまで行きました。
その日、彼女は、ローションを持ってきたので、ローションエッチを楽しみました。
ローションの気持ちよさに興奮した私たちは、いつもより長くお互いのものを舐め合いました。
ローションがたっぷり付いたお〇んぽを手でしごいたり、しゃぶってくれるのがとても気持ちよくて、このまま出したい気持ちになりましたが、ガマンして、インサートしちゃいました。
正常位で、インサート中も、彼女のおっぱいにローションを垂らし、触りまくると『ああああ、たまんないわ〜。気持ちいい!』と言ったり、クリトリスにローションを付けて、腰を動かしながらクリトリスを触ると『それ、ダメ、感じすぎちゃう。あああああ。ダメ〜。』と言った後、『いっちゃう、いく、いく、いく〜。』と言って、彼女は、エクスタシーに達したのです。
その後も、バックをしましたが、そこでも、彼女は、エクスタシーに達し、ふらふらの状態になりましたが、私は、まだ出していないので、彼女を再度、正常位で入れて、腰を動かしていると、出そうになったので、『出すよ。』と言うと、『また、いきそうになったの。ねぇ、一緒にいこう。』と言った直後、彼女は、『あああああ、いく、いく、いく〜。』とエクスタシーに達した後、私も彼女の顔にザーメンをかけたのです。
彼女は、エクスタシーの余韻で、ふらふらになりながらも、私のお○んぽを綺麗にしてくれました。
とても、気持ちかったです。
終った後、彼女から『次は、バイブを持ってくるね。』と言っていました。
【セフレ探しエリア:東京都中央区周辺|20代|男性|会社員】