エッチな出会い目的でスマホアプリを使わない?

ハッピーメールやワクワクメールなど大手出会い系はこのスマホ市場の拡大で、次々に出会いアプリを発表しています。

 

ですが、私がエッチ目的で「アプリ」を紹介していない理由はどうしてだと思いますか。

 

それは多くの出会いアプリで「アダルト目的」の部分が排除されているからです。
運営側はエッチ目的以外の会員を募るために、そういったピュアな会員獲得の為の仕様としてアプリを出すことはいいのですが、アダルト目的で使うユーザーにとってはとても不快な思いなっています。

 

とはいいつつも、ハッピーメールやワクワクメール・PCMAXをスマホで使えないのか?というわけではありません。
スマホには「ホームに追加する」という機能がついています。
これを使うことでアプリを開くときのようにスマホのホーム画面に追加され、そのボタンを押すだけでサイトへ飛ぶことができ、サイトの見た目もアプリとなんか変わりはなく、アダルトな出会い目的でも使うことができるのです。

 

帰宅前にスマホ出会いアプリでエッチ目的で女性と会ったらセフレなれた

営業先を回り、そのまま直帰する事になったのですが、そのまま家に帰るのもつまらないと思い、スマホ出会いアプリを使ってみました。スマホアプリの女性の画像を見ていたら、目に留まる女性が見つかりました。そこでちょっと話すにはちょうど良いかなと思い、この女性にサイトを通じて声を掛けてみたのです。女性は直ぐに会ってくれ、私はこの女性と喫茶店で、しばし時を過ごしました。

それからそろそろ家に帰ろうとした所、女性に止められてしまったのです。女性は私と話すだけでなく、最初からエッチをする事が目的で会ったようでした。私としては話をするだけで良かったのですが、初対面の女性に求められたら応えないわけにはいかないので、女性と共にラブホテルに入り込んだのです。部屋に入るといきなり彼女が私にキスをして来て、驚いてしまいました。
しかしそれで私の下半身にスイッチが入り、彼女のおっぱいを服の上から揉み揉みしたのです。それから私は無我夢中で彼女の服を脱がし、ベッドに押し倒しました。後は彼女のおっぱいを両手で揉みまくり、乳首を指や舌でいじめまくりました。更に私は彼女の割れ目に指を入れて動かし、それから舌を入れて蜜を舐め回したのです。
その行為で私のちんちんは固く硬直したので、割れ目ににゅるにゅるっと挿入しました。それからは何も考えず、ひたすら腰を動かし続けました。彼女はその間喘ぎ声を絶え間なく上げ、体をよじらせて喜びまくったのです。そんな彼女のアソコの中に、私は大量の精液をぶちまけたのです。彼女とはこれ一回だけで終わらずに、この後もエッチをするようになり、セフレ関係となりました。セフレとは会社帰りに必ず会う様になり、帰宅前の私の愉しみとなりました。
セフレで一発抜くと清々しい気持ちになり、妻に優しく接する事が出来ます。
「愛知県:30代:男性:会社員」